何必館5階 光庭
何必館5階 光庭
北大路魯山人「つばき鉢」1938年 
北大路魯山人「つばき鉢」1938年  何必館・京都現代美術館蔵

何必館・京都現代美術館

CHECK!

北大路魯山人の作品室を常設。

幅広いジャンルの展覧会を開催。

ひかりふる光庭でゆったりと過ごせる。

どんなところ?

祇園、四条通りに面して立つ美術館です。定説を「何ぞ 必ずしも」と疑う自由な精神を持ちつづけたいという願いから「何必館」と名付けられ、1981年に開館しました。館内には、茶室や「光庭」と呼ばれる坪庭があり、ゆったりとした雰囲気の中で作品を鑑賞できます。日本画家の村上華岳、洋画家の山口薫、陶芸をはじめ美術工芸の分野で活躍した北大路魯山人、を中心に、近現代の絵画、工芸、写真、書などを収蔵しています。年に数回、特別展が開催され、館内には北大路魯山人作品室が常設されています。

  • DATA
施設名 何必館・京都現代美術館
電話番号 075-525-1311
郵便番号 605-0073
住所 京都府京都市東山区祇園町北側271
営業時間 10:00~18:00 ※最終入場時間17:30
休業日 月曜、年末年始、展覧会準備期間
駐車場
アクセス 【電車】京阪祇園四条駅より徒歩3分、阪急河原町駅より徒歩5分【バス】JR京都駅ほか市内各地より市バスに乗り「祇園」下車、徒歩2分
入館料 [大人]1000円[中高大生]800円[小学生以下]無料
併設施設 SHOP(グッズ・お土産)