美術館入り口
美術館入り口 岡本太郎美術館
岡本太郎美術館 外観
岡本太郎美術館 外観 岡本太郎美術館
《母の塔》
《母の塔》 岡本太郎美術館
ミュージアムショップ
ミュージアムショップ 岡本太郎美術館
ミュージアムショップ オリジナルグッズ
ミュージアムショップ オリジナルグッズ 岡本太郎美術館
展示室 椅子のコーナー
展示室 椅子のコーナー 岡本太郎美術館
カフェテリアTARO 店内
カフェテリアTARO 店内 岡本太郎美術館

川崎市岡本太郎美術館

CHECK!

岡本太郎と一平・かの子の芸術を紹介する常設展が魅力。

岡本太郎芸術を幅広いテーマで紹介する企画展も!

カフェテリアTAROではカラフルな明るい空間で休憩できます。

どんなところ?

生田緑地の豊かな自然と芸術の融合、そして市内で最も広い緑地に岡本太郎をはじめとする様々な芸術作品を五感で楽しむことができる「体験型美術館」というコンセプトに基づき、四季折々の自然と岡本太郎の創作のエネルギーを感じることができます。 美術館の展覧会事業としては、年間を通じ、「岡本太郎と一平・かの子の芸術」を紹介する常設展、岡本太郎芸術の「より深い顕彰」「周辺作家や時代との関係性」「芸術と社会の関わり」をテーマとした企画展、次世代を担う作家の発掘を目的とする公募展「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」を開催しています。

OFFICIAL SNS

  • DATA
施設名 川崎市岡本太郎美術館
電話番号 044-900-9898
郵便番号 214-0032
住所 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5(生田緑地内)
営業時間 9:30~17:00 ※最終入館時間16:30
休業日 月曜(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始、臨時休館あり
駐車場 東口163台 西口52台 200円~ ※生田緑地公園東口 又は 西口駐車場をご利用ください
アクセス 【電車】小田急線向ヶ丘遊園駅南口より徒歩17分 【車】東名高速道路東名川崎ICより約15分
入館料 展覧会によって異なります。中学生以下は無料。
併設施設 SHOP(グッズ・お土産)、 カフェ
備考 最新情報:https://www.taromuseum.jp