出羽桜美術館
外観
外観 出羽桜美術館
展示室
展示室 出羽桜美術館
展示室
展示室 出羽桜美術館

出羽桜美術館

CHECK!

出羽桜酒造株式会社3代目社長、仲野清次郎の旧宅。

仲野清次郎が蒐集した陶磁器、工芸品等の寄贈によって生まれた。

東北では珍しい、朝鮮陶磁のコレクションをもつ美術館。

どんなところ?

出羽桜美術館は、出羽桜酒造株式会社3代目社長、仲野清次郎が蒐集した陶磁器、工芸品等の寄贈を受けて1988年に開館しました。建物は清次郎の旧住宅を開放しています。明治後期頃の伝統的日本家屋の建物は、木造瓦葺の母屋と蔵座敷を展示室としても公開しており、主な収蔵品は、東北では珍しい韓国古代・新羅・高麗・李朝期の陶磁器と工芸品のほか、近代文人の書、桜に因んだ工芸品、日本六古窯等があります。また、洋画家・斎藤真一の作品も多く所蔵しています。それらを3ヶ月毎の企画展示を通して公開しており、登録有形文化財の建物内で楽しむことができます。

OFFICIAL SNS

  • DATA
施設名 出羽桜美術館
電話番号 023-654-5050
郵便番号 994-0044
住所 山形県天童市一日町1-4-1
営業時間 9:30~17:00 ※最終入場時間16:30
休業日 月曜(祝日の場合翌日)、年末年始、展示入替期間
駐車場 10台 無料
アクセス 【電車】奥羽本線天童駅下車、徒歩15分 【車】山形自動車道 山形北ICより20分
入館料 [大人]500円[高大生]300円[小中学生]200円 ※団体割引あり
併設施設 その他
その他併設施設 休憩所